ファンクションフィールドはその名のとおり、交流の場となれることを目的としています。

また、立場の違いや想いの違いを越えたその交流から、新しい機能を生みだしてまいります。

 

多くのトップアスリートが参加し、スポーツのために 「何かできることを」

将来を担う子供たちのために 「何かできることを」 そして社会やこの美しい地球のために・・・

「何かできることを」  “何か” をみんなで考え行動に移していきたい。

 

RUGBYでは試合後にファンクションと呼ばれる会が行われます。ついさっきまで闘っていた敵味方が交流するファンクションはとても素晴らしい風習だと思います。 同様に、そんな交流の場所となりたい。そんな想いが名前に込められています。 「ファンクションフィールド」